日本

Intelligent Energy社概要

Intelligent Energyは30年に及ぶPEMFC(個体高分子型燃料電池)開発の歴史を持つ、燃料電池のエンジニアリング会社です。

2017年10月にMeditor GroupのMeditor Energyの傘下に入って以降、製品提供力を拡大させるべく開発投資を継続しています。

弊社では自動車、定置用電源、ドローン等様々な分野でお使い頂ける PEM型燃料電池の開発と製品化を行なっています。

英国を本社とし、その他米国、日本、インド、中国にも開発・営業拠点を 置き、グローバルに活動を展開しています。

 

弊社独自の製品である高性能空冷燃料電池プラットフォームは大量生産を念頭に設計されています。独自の技術によって、シンプルな補機のみで作動し、低温環境下での稼働も可能です。高い信頼性と低いシステムコスト、少ない部品で構成されたコンパクトなパワーシステムが燃料電池です。

Intelligent Energyは燃料電池の開発において30年以上の実績を持ち、数々の“業界初”を実現してきています。現在取得済・申請中の1,800もの特許を活用し、今後も豊富な知財を駆使する企業として業界をリードしていきます。

Intelligent Energyの製品

Intelligent Energyは幅広い燃料電池を用いたソリューションをお客様にお届けします。ソリューションの形としては、弊社で開発した完成した燃料電池システムを提供することはもちろん、お客様のシステムに弊社のスタックを組み込むことも可能です。更には燃料源としての水素貯蔵容器の要不要まで、お客様の要望に沿ったものを柔軟に提供させていただきます。

Intelligent Energyの製品をご覧になりたい場合はこちらをご参照ください。

日本においては10年に渡り事業活動を続け、現在は大阪に事業所を構えています。2006年に弊社空冷式燃料電池の商用化に向け、スズキ株式会社と提携。

2012年には厳しい審査の結果、経済産業省より外資系企業向け政府補助金の交付を受けています。これは日本政府が新成長戦略の一環として、高付加価値のあるビジネスを日本で行なっているグルーバル企業の日本でのビジネスを後押しするために設けた補助金です。このことは、経済産業省が国家戦略的な視点から、Intelligent Energyが日本経済にとって、重大かつ持続性のある影響をもたらし得る、確かな技術と事業力がある企業の一つであると認めて頂いた証であると理解しています。

 

(株)IE Japan

〒530-0001

大阪府大阪市北区梅田1−12−17 

梅田スクエアビルディング16F

電話:06-6147-2122

FAX:06-6147-2177

日本語 : IEJapan@intelligent-energy.com